Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c5057549/public_html/cocoro-happy.net/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
脱ネガティブ人間!ポジティブな口グセがしあわせを引き寄せる!実体験をもとに口グセの変え方をご紹介。 | しあわせの手帖

脱ネガティブ人間!口グセを変えて、しあわせを引き寄せる!

カテゴリなし
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!
当ブログ「しあわせの手帖」の管理人であり、セラピストの「このは」です。

このブログでは「自分の願いを叶えて、しあわせに生きる方法」を心理学、脳科学、スピリチュアル、引き寄せの法則、その他さまざまな観点からお届けしていきます。

今回の記事は、お話していく内容は、ポジティブな言葉を口グセにしていくための方法です。

超ネガティブ人間だったわたしが実際にやってきたことを記事にまとめてみました。

・ネガティブな言葉が口癖になっている人
・しあわせな人生を掴みたい人
・仕事運や恋愛運を高めたい人

などにオススメです。

前回の記事「しあわせの近道は、言霊の力を借りること!」の続きになっていますので、是非あわせてお読みください!

おさらい!しあわせへの近道とは

まずは、前回の記事のおさらいをしていくよ~!

前回の記事では、「ポジティブな言葉が、しあわせな現実をつくる」というお話をさせて頂きました。

人間は、自分の言葉を正当化したい生き物です。自分の口に出した言葉を正しいものにするために、脳が必要な情報を集めてきてくれます。

その結果として、自分の発した言葉と似たような世界が目の前に広がっていくのです。

言葉を発する

脳が発した言葉の証拠を集める

発した言葉の通りの現実になる

これだと分かりにくいと思いますので、「しあわせだなぁ」という言葉を例にたとえてみると・・・

「しあわせだなぁ」という言葉を発する

脳が「しあわせ」の証拠を集める

「しあわせ」と感じる

このようになります。

ポジティブな言葉を発することで、周りの人から親切にされた出来事に気づいたり、自分にとってプラスになる言葉などが目につきやすくなったり、するのです。

これが何回も、何日も積み重なっていくうちに、やる気が上がって仕事で良い成果を出せたり、人にやさしくなれて人間関係が良好になったり、大きな「しあわせ」にもつながっていくのですね。

ポジティブ発言を口グセにすることが、しあわせの近道!

ポジティブな言葉!?無理だよ!

ポジティブな言葉が、しあわせな現実を引き寄せていくのは分かったけど・・・。

昔のわたしのように、ネガティブな言葉が口グセになっている人にとっては、いきなりポジティブな言葉を使うようになるのって、むずかしいものかと思います。

元々わたしは超ネガティブ人間で、なにか物を頼まれれば、問答無用で「無理!無理!」と断り、ちょっとイヤなことがあれば「まじ最悪!」と口に出してしまう人でした・・・。

ネガティブな言葉が口グセになりすぎて、ぜんぜん最悪な状況じゃなくても、無意識に「最悪~!」と口にしてしまうなレベルでした。

そんなわたしが、イキナリ「最高!」とか「しあわせ!」とかを口グセにしていくのは、なかなか簡単じゃなかったのです。

そんなわたしが口グセを変えるために、実践してきたことを伝えていくよ!

ネガティブな言葉を減らしていこう

ネガティブ発言のオンパレードだったわたしが、まずやったことは、ネガティブな言葉を少しずつ減らしていくということでした。

「だるい」という言葉を例にして、書いていきますね!

「だるい」と思っても10秒だけガマンしてみる

まずは、「だるい」とネガティブな気持ちを抱いたとしても、10秒ほど待ってみます。

10秒と書きましたが、1分でも2分でも、難しければ3秒でも5秒でも良いと思います。

大事なのは、ちょっとだけこらえてみて、ネガティブな口グセを減らしてみることです。

こうやって少し待つことによって「だるい」の気持ちが無くなったり、口に出す回数が減ることで不思議と「だるい」と感じにくくなっていったりします。

10mlしかなかった「だるい」の器が、50mlまで増えるような感覚です。

「だる・・・くない!」と打消しの言葉をつけてみる

そして、もう1つ。

「だる・・・(アッ!言っちゃった!)」

と途中で気づくことってありませんか?

そういう時は、打消しの言葉をつけてみましょう。

「だる・・・(アッ!)・・・くない!!!」という感じですね。

ネガティブ発言を打ち消す=ポジティブ発言ですね。だるくないから、まだまだ頑張れるよ!という気持ちが湧いてきて、やる気が高まるようになっていきます。

打消しは、人前だと恥ずかしいから、1人の時にやってみてね!

ポジティブな言葉は、積極的に口に出そう!

「楽しい」と感じたときは躊躇せず口に出してみる

ポジティブな気持ちが湧いてきたときは、すぐに口に出してみるようにしましょう。

1人でいるときにはもちろんですが、周りに人がいるときに出来たらベストです。

ポジティブな発言をしているときって、言葉だけでなく表情もにこやかになり、活き活きとしているものです。

「たのしい~!」とか「やったぁ~!」とか言いながら、ニコニコしている姿を見て、きっと周りもつられて笑みがこぼれることと思います。

物は試しで!「最高!」と口に出してみる

これは、人のいない時に試してほしい方法です。

目の前の状況とは関係なく「最高!」と口に出してみる

例えとして、「最高!」を挙げていますが、自分のしっくりくる言葉に置き換えてもらって大丈夫です。

ちなみに、いま「最高!」と口に出してみてください。

どんな気持ちになったでしょうか?

超ネガティブ人間だったころのわたしには、2パターンの感覚がありました。

・不快感がなく、しっくりくるとき

・ハッキリと不快感が出るとき

試しに「最高!」と呟いてみたときに、不快感は感じずに、しっくりくることもあります。

一見イヤな状況だったけど良い勉強になったことに気づいたり、良かった出来事を思い出して「イヤなこともあったけど、良いことの方が多い1日だったな」と思えたりしてくるのです。

こうやって、物事の良い側面、良かった出来事にフォーカスする時間を増やしていくうちに、いつのまにか、しあわせ体質に変わっていきます。

逆に、「最高!」と呟いてみたときに不快感が出るときがあります。悲しみや怒りの方が強く出てきてしまうときです。

そういう時は、無理して続けていく必要はありません。自分の気持ちにウソをつくと、逆効果にもなってしまうことがあります。この話は、別の記事で改めて解説してみます。

自分の気持ちにウソをつく必要はないからね!

まとめ

口グセを変える方法として、

・ネガティブな言葉を、すこし我慢してみる
・ネガティブな言葉に、打消しの言葉をつける
・ポジティブを感じたら積極的に口に出す
・良いことがなくてもポジティブな言葉を口出してみる

をお伝えさせて頂きました。

口グセは1日にして成らずなものではありますが、これを1週間、1ヵ月、3ヵ月、半年・・・と意識して続けたころには、自然とポジティブな言葉が出てくるようになっていくかと思います。

ポジティブな言葉が口グセになるころには、自分自身の内面や外の世界がちょっと変わっているはずです。

意識してポジティブな言葉を口にしていくことが、しあわせを掴むための近道です。

口グセを変えて、自分の願いをサクサクと叶えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました